侍BRASSの曲は難しいと考えられていらっしゃる先生方は多いのではないかと思いますが、それほどでもないのです。もちろん、とても難しい楽曲が多いのは事実なのですが、中には中学生でも演奏できるような作品もあるんです。私は中高生でも比較的演奏しやすい曲をお勧めしようと思います。
 一番のお勧めは、最新作の『いにしへ輪舞(ロンド)』です。古典的な作風の中にモダンなアプローチを施したこの曲は、音域、リズム、旋律共に中高生でも無理なく演奏することができます。また、意外に演奏しやすいのが高橋宏樹さんの『せきれいの尾』です。吹奏楽的な構成の作品ですので、学生の皆さんにもなじみやすい上に聴き映えがします。

●三澤 慶(みさわけい)● Trumpet/作曲
1970年東京都生まれ。東京音楽大学卒業。津堅直弘氏に師事。2006年吹奏楽コンクール課題曲《海へ…吹奏楽の為に》を発表。2008年Jリーグ川崎フロンターレ公式応援ソングを作曲。09年《音楽のまちのファンファーレ》をユベール・スダーン指揮、東京交響楽団により初演。10年「シエナ・ウインド・オーケストラ作曲コンクール」優勝。優勝作品「フェニックス・マーチ」を佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラにて初演。2012年、全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催する第23回朝日作曲賞受賞。

 私もアンサンブルコンテストの審査をさせていただく機会が多いのですが、侍BRASSの曲と言えば『文明開化の鐘』と言うぐらい、この曲に出会うことが多いのです。もちろんとても良い曲なのですが、曲調の割に意外と難しい曲なんです。そこで、私は『文明開化の鐘』が演奏できるなら、この曲もイケるといった視点で推薦曲を選びました。
 まず最初は『文明開化の鐘』と同じ高橋宏樹さん作曲の『古遊技』。慣れ親しんだ旋律が緻密なアンサンブルに展開されていますので取り組みやすいと思います。もう一つは『極楽鳥』をお勧めします。とても音楽的な作品ですので、表現力のあるチームにはお勧めです。

●森 博文(もりひろふみ)● Horn
1966年熊本県生まれ。10歳でホルンを始め、12歳でモーツァルト《ホルン協奏曲第2番》を演奏する。
作陽音楽大学卒業後、旧・西ドイツハノーファー音楽大学へ留学。帰国後、九州交響楽団へ入団。
R.シュトラウス《ホルン協奏曲第1番》を九州交響楽団と協演。
1993年より東京フィルハーモニー交響楽団へ移籍。現在、同団首席ホルン奏者。

 あちらこちらから、侍BRASSの曲は難しいと言われます。これはひとえに私の作品が難しそうに聞こえてしまうために、そういったレッテルが貼られたのかなあと思います(まあ、実際に難しいんですけどね)。三澤さんや高橋さん石川さんの作品は、かなり演奏者に優しい気配りをしているんですが、私の作品はそれに比べると少し優しさに欠けるかもしれません。そんな私の作品の中にも、アマチュアの皆さんが演奏できそうな作品があるんです。もちろん上級者になってしまうと思いますが。私は『鑪《TATARA》』をお勧めします。初見で最後まで通る様な作品ではありませんが、練習を重ねれば充分アマチュアの方でも演奏可能です。決まれば大向こうが唸りますよ。

●中川 英二郎(なかがわえいじろう)● Trombone/作曲
1975年東京都生まれ。15歳の頃よりライブやスタジオの仕事に着手。日本一忙しいスタジオミュージシャンとして活躍中。TVより聞こえてくる音の約7割が彼のものだと言われているほど。2001年より拠点をニューヨークに移し、世界を視野に入れた活動を開始。米国トッププレーヤーのジム・ピューとトロンボーンデュオ『E'nJ』を結成。3枚のアルバムをリリースするなど米国と日本を股にかけて活躍している。2008年にはNHK連続テレビ小説「瞳」のテーマ曲演奏も手がけ話題を呼んだ。侍BRASS楽団長。
 



 


●商品のご購入は…
音楽の絵本webshop 又は こちらのサイトをご覧ください。

●アンコンなどで編曲使用される場合は…
管理楽曲をアンサンブルコンテストなどで使用する場合で、編成を変更する等の編曲をする場合は、右の申請書(pdf)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXで送信ください。こちらより許諾証を発行いたします。
権利に関するお問い合せは…
 株式会社スーパーキッズ TEL: 042-765-7284/FAX:042-740-4894
株式会社スーパーキッズレコード
 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-49-7
 TEL. 042-712-4041 mail:records@superkids.co.jp